コピーライター/プランナー/クリエイティブディレクター
有限会社スタジオ・キャットキック 代表

五十畑 裕詞 Isohata Yushi

「書く」の世界で、20年以上、疾走中。

DNPグループの企画制作会社に、 ディレクターとして約8年勤務。在籍中はアメリカン・エキスプレスの会員向けPR誌「インプレッション」の 編集・制作に携わりました。 ほか、NTTグループ、東芝グループ、セリーヌ、JCB、阪急百貨店、大宮アルディージャ、柏レイソルなども担当。 同時に、当時黎明期にあったDTPワークフローの確立化プロジェクトにも参画しました。その後、株式会社アスキー・マックパワー編集部を経て、 フリーランスのコピーライター/プランナーとして1999年3月に独立。 1年後の2000年3月、梶原美穂とともに有限会社スタジオ・キャットキックを設立しました。対応する業種はウィッグからITシステムまで広範囲。2005年にコピーライターとして手掛けた筆記具メーカー・パーカーの広告が、宣伝会議やアサツー ディ・ケイなどが運営する「ハートライン・プロジェクト」企業広告部門の企業広告大賞を受賞。2016年にはコンセプトおよび作品解説を手掛けた藤森工業のカレンダー「ル・コルビュジエ」が、全国カレンダー展・金賞を受賞しました。

 


有限会社スタジオ・キャットキックについてはこちら。