某化学系企業 カレンダー中期コンセプト提案

企業カレンダーのコンセプトにはトレンドがある! そして…

今回は受注案件のご紹介。カレンダーのプランニングです。企業カレンダーには、トレンドが存在します。そしてカレンダーのコンセプト提案には、ある程度の「考え方の基本」のようなものも存在します。

 

 

【オリエン内容】「カレンダーで何を表現すべきか?」という相談

某総合印刷会社の商業印刷部門からこんな依頼をいただきました。

※申し訳ありませんが、依頼元やクライアントに関する情報は、特殊な場合を除き、基本的に伏せさせていただきます。本サイトの基本方針です。

 突然、ほとんど接点のない企業から2021年以降のカレンダーのあり方について提案してほしいと言われた。カレンダーのトレンドについて知りたいし、正直言って、カレンダーで何を表現すればいいのかもノープランだそうで。いっしょに考えてください!

いただいたご指示は、これがすべて。とらえどころないなー、と思いました。ワクワクしながら、ですが。

新規のお取引先ということなので、ご指示通りのご提案にしたほうがよさそう。でも、それだけじゃダメ。プラスαの価値をご提供できないと。でも、それがカレンダーという媒体にとって蛇足になってしまってはダメ。おそらく「付け足す」のではなく、「掘り下げる」が正解かな。ということで、企画の穴掘りをせっせと始めました。

 

【提案内容】2部構成の提案書を作成

提案書は、2部構成にしました。

 

【第1章】カレンダーのトレンド

そんなもの、存在するのか…と思われるかもしれませんが、企業が販促物として作成するカレンダーに関して、確かに存在します。キーワードは、以下の3つ。

・「コーポレートブランディング」…理念や目指している方向性を表現できる絵柄やテーマ設定になっていること。

・環境…環境に配慮した紙・インク・製本方法などを使っていること。

・機能…当然ですが、月日曜日部分(専門用語で「玉」といいます。ニヤニヤ)が見やすいこと。スケジュールを書き込んで使う人のことを、ちょっとだけ考えていること。(美観を損ねてはダメだと思います)

これらについては、統計データもあります。『カレンダー年鑑」(日本印刷新聞社)に記載されています。ちょっとお高いですが…。Amazonでは最新版の扱いがないようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カレンダー年鑑 2018年版
価格:16950円(税込、送料別) (2020/5/4時点)

楽天で購入

 

 

【第2章】テーマ展開案

企業理念、中期経営計画などを徹底的に読み込んで(結構勉強になりました。おもしろいです。よくわからん化学系技術の話もたくさん出てくる。化学とICTが密接に関係していたり、ICTやモビリティの可能性を化学が拡げていたり)、キーワードを抽出。そこからこの企業が考えていることを経営理論ではなく、ちょっと抽象的な、あるいは生活レベルでの「感覚」として理解しなおしました。この視点、重要です。そうしないと、理念の範疇から一歩出ることができない。カレンダーを受け取る人のほうに歩み寄れないというか、メッセージとして伝わりにくくなるというか。

こうして3つのテーマを開発し、それぞれに合いそうな絵柄の方向性のメモまで付けて、ひとまずフィックスです。具体的な絵柄の例は、今回の依頼主である総合印刷会社のカレンダー企画部門の精鋭スタッフが選びます。膨大なストックとネットワークがありますからね。古今東西の美術に精通しています。私、ここの部門の責任者の方を尊敬しています。

 

 

【最後に】ちょっと変わった提案依頼? いや、意外に多いかと。

今回は、ちょっと変わった企画案件をご紹介しました。…でもこういう案件は意外に多いのです。当社はテーマ/コンセプト開発も得意としています。お悩みのときはぜひ声をおかけください。

ご相談は、当サイトの「Inquiry」欄、あるいは当社公式サイトの「Contact」欄(お問い合わせフォーム)からお気軽にどうぞ。

※当社旧ブログより転載(一部改稿)

コメントを残す